◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年04月04日

エルヴィス・コステロ『アリスン』

text by ワダマサシ



大好きなアーティストの声を手に(ノドに?)入れることが出来たなら…と想像したことはないだろうか?
例えば…、郷ひろみの声になって「お嫁サンバ」を歌ってみたいとか、桑田佳祐の声で「TSUNAMI」を歌いたいとか。
わたしも、ドン・ヘンリーの声で「ホテル・カリフォルニア」を歌ってみたいと思ったりしたものだ。

今なら、エルヴィス・コステロの声を迷わず選ぶ。
彼の声はボディが野太くとても逞しいのに、輪郭が擦れていて全体の印象が程よく都会的で切ない。
出来るものなら、一度でいいからあの声で「アリスン」か「ヴェロニカ」を弾き語りしてみたいものだ。
当代有数のヴォーカリストであるミスチルの桜井クンでさえ、エルヴィス・コステロには一目を置く。
彼のファンならば誰でも知っているが、そのことは「シーソーゲーム」のPVを見るとよくわかる。

わたしの理想の声帯の持ち主であるコステロは、若い頃よりも今のほうがずっとその天賦の楽器を生かしている気がする。
力の抜けたシャルル・アズナブールのカバーやバート・バカラックとのコラボが、芸域を広げたのだろう。
あれほど覚えにくいバカラックのメロディーも、彼が歌うと別の意味を持ちごく自然に心に響く。
あれこそ正に「歌力(うたぢから)」と言いたくなる素晴らしさ。
同様に、先ごろ来日したロッド・スチュアートもスタンダードカバーにトライしてから、すっかり魅力的な熟年ヴォーカリストに生まれ変わったようだ。

考えてみれば、彼らのように年齢を重ねてさらに新境地に到達というアーティストは、なかなかいない。
同じく理想的な声の持ち主で、あれほど光輝いて見えたCSN&Yのスティーヴン・スティルス。
今や輝きは頭部だけ、なんだか見るも無残に肥えてしまった。
肥えるだけならわたしも文句を言わないが、音楽が枯れてしまったように見えるのがファンとしては残念。
今更あの姿で「ジュディー・ブルー・アイズ」を歌われても、なんだか興ざめする。
老けても更に別の魅力を振り撒くコステロとは対照的だ。
スーパースターは、「昔の名前で出ています」だけでは許されない。
成功を勝ち取った後も、常に進歩し続けなければ評価を下げてしまう。
アーティストという職業は、つくづく過酷なものだと思う。
あれほどの才能のある人たちでさえ、うまく年齢を重ねていくことが難しい。
いわんや、凡人である我々をや…。




Elvis Costello - Alison






posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 16:33| Comment(0) | 一曲入魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。